糸島市の観光スポット!人気の移住地

サイト内検索

福岡県の西端に位置する糸島市(いとしまし)は、2010年に前原市と志摩町、二丈町が合併して誕生しました。

糸島半島の中央部と西部、および半島の付け根とその西側が市域となり、東は福岡市、西は唐津市、南は佐賀市と接しています。

人気の移住地、糸島市の概要

北側には玄界灘に面した美しい海岸線、南部には背振山系の山々が連なるなど、自然豊かなレジャースポットが多く、多種多様な工房や特産品の直売所、遺跡・文化財などを巡るドライブコースも観光客に人気です。

市のほぼ中央をJR筑肥線と国道202号線が東西に走り、旧前原市域を中心に沿線は都市化が進む一方、糸島市の農畜産物と海産物は、県内外の消費者から高い評価を得ており“糸島ブランド”として定着しています。

JR筑肥線は、福岡市営地下鉄と直結していることから、天神や博多、福岡空港などから乗り継ぎなくアクセスすることが可能で、天神駅からは約33分、博多駅からは約39分、福岡空港からは約44分で向かうことができます。

糸島市のおすすめ観光スポット

“日本の渚百選”にも選ばれた夕日スポット「桜井二見ケ浦」や、玄界灘の荒波にそそり立つ日本最大級の玄武岩洞「芥屋の大門(けやのおおと)」、羽金山の中腹にあり樹齢約300年の万龍楓が周囲に自生する「白糸の滝」、白い砂浜を歩くとキュッキュッと可愛らしく砂が鳴く「姉子の浜」などが、自然景勝地の定番観光地となっています。

また、ワレ塚古墳、銭瓶塚古墳、狐塚古墳の3基の古墳と、平原遺跡の5基の墳丘墓からなる「曽根遺跡群」や、古代の怡土城と中世の高祖城の跡がある「高祖山」、遺跡から出土した品々や考古資料が多数展示されている「伊都国歴史博物館」、志摩地域の歴史をわかりやすく展示している「志摩歴史資料館」なども歴史好きの方に人気です。

そのほか、登山やキャンプ、バーベキュー、水遊びも楽しめる「真名子木の香ランド」、自然共生型のアスレチックパーク「フォレストアドベンチャー・糸島」、糸島の野菜や魚介類、加工品などを取り揃えている産直市場「福ふくの里」、ラーメン店の一蘭やとんこつラーメンの歴史を楽しく学べる「一蘭の森」などもおすすめです。

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

このページの先頭へ