杵築市の観光スポット!国東半島南部の玄関口

サイト内検索

大分県北東部に位置する杵築(きつき)市は、2005年に山香町、大田村と合併し新たな市制を発足させました。

隣接する日出町、別府市と結びつきが強く、2市1町を合わせ「別杵速見(べっきはやみ)地域」と呼ばれています。

坂道の城下町・杵築市の概要

別府湾を挟んで大分市と向かい合う、国東半島(くにさきはんとう)の南部に市域は広がり、別府湾に面する海岸部では、美しい海岸線を望むことができ、山々に囲まれた北の内陸部では、四季折々の風情が織り成す、自然美を楽しむことができます。

杵築藩の城下町であった藩政時代には、国東半島の政治・経済の中心地として栄え、現在は、農林水産業のほか、大分市と別府市、大分空港との中間に位置するという地理的条件から、先端技術産業などの進出も進んでいます。

国東市にある大分空港からは車で約30分、大分からは60分、福岡からは約120分、北九州からは約150分ほど、鉄道を利用する場合は、大分駅より約25分、小倉駅より約60分、博多駅より約120分ほどでアクセス可能です。

杵築市のおすすめ観光スポット

八坂川河口の台山(だいやま)に建つ「杵築城」は、街のランドマークであると共に定番の観光地としても親しまれています。

城下には、江戸時代から昭和初期までの生活用品を収集・展示している「杵築レトロ館」、地元の特産品がズラリと並ぶ「杵築ふるさと産業館」などの施設があり、広い年齢層の方が楽しめるスポットとなっています。

また、石畳の坂道が印象的な城の南北に広がる城下町には、江戸から明治の建物が数多く残っており、「磯矢邸」、「大原邸」、「能見邸」などの武家屋敷や、「綾部味噌醸造元」、「お茶のとまや」、「萬力屋」などの商家が、100以上も立ち並んでいます。

レンタル着物のサービスもあるので、古い町並みを着物姿で散策してみてはいかがでしょうか。

そのほかでは、花昆虫館や花畑、物産館などが整備された「大分農業文化公園」、田原山・津波戸山・雲ヶ岳からなる「山香三山」、落差約12mほどの「羽門(うど)の滝」から続く「松尾川河川プール」、豊の国名水15選にも選ばれた「清水寺の霊水」、海や自然をアクティブに楽しめる「住吉浜リゾートパーク」などもおすすめです。

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

このページの先頭へ