高知三大鍾乳洞

サイト内検索

鍾乳洞は石灰洞とも呼ばれるように、サンゴなどが堆積してできた石灰岩が、地下水などによって浸食されてできた洞窟で、古くから幻想的かつ神秘的な洞内の光景が注目され、群馬県の「不二洞」や山口県の「岩屋観音窟」、福岡県の「青龍窟」、沖縄県の「普天満宮洞穴」などのように、観光や信仰の対象となってきた鍾乳洞もあります。

そのなかでも“高知三大鍾乳洞”と呼ばれているのが、香美市の『龍河洞』、日高村の『猿田洞』、高知市の『菖蒲洞』です。

龍河洞(りゅうがどう)

日本三大鍾乳洞の1つにも数えられる『龍河洞』は、1934年に国の史跡および天然記念物に指定され、2007年には日本の地質百選に選定されました。

観光と探検、学術価値の3拍子が揃った日本を代表する鍾乳洞で、総延長4㎞のうち約1㎞が通常ルート、そのほか、事前予約が必要な冒険コースがあり、併設して珍鳥センターや博物館も整備されています。

出口付近には弥生時代の穴居生活の跡があり、世界的にも珍しい石灰華に包まれた土器を見物できます。

猿田洞(さるだどう)

1858年(安政5年)に発見された当時は、毎日数百人が訪れたという『猿田洞』は、忍者・日下茂平の修行の地としての伝承が残されています。

総延長1.4㎞を超える3層立体の大洞で、このうち上層の約200mが一般公開されていますが、竪穴を渡す鉄板橋には手摺がなく、数メートルもの落差がある裂け目や、狭い通路を通り抜ける必要があるので、観光に訪れる際は、懐中電灯や軍手、長靴などを持参し、十分に注意して探索してください。

菖蒲洞(しょうぶどう)

県の天然記念物に指定されている『菖蒲洞』は、土佐山の東端を流れる鏡川上流部にあります。1957年(昭和32年)の調査では、本洞と支洞、水路を合わせると全長約700mほどあり、東西の2室にわかれた洞内には、鍾乳石や石筍が自然のまま残され、特に「帝王の間」と呼ばれる一角が変化に富んでいます。

洞内は暗く通路も複雑で、迷う人も多いため普通は入洞できませんが、洞内を見学する際は、事前に高知市教育委員会の許可が必要となります。

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

このページの先頭へ