「九州」の記事一覧(2 / 10ページ)

薩摩川内市の観光スポット!3つの大きな自然公園

四国九州のアイキャッチ

薩摩半島の北西部一帯と甑島(こしきしま)列島を市域とする薩摩川内(さつませんだい)市は、2004年に1市4町4村が合併したことで、県内最大の面積を誇る北薩地域の中心都市として、新たな市制をスタートさせました。 サイト内の・・・

南九州市の観光スポット!薩摩の小京都

四国九州のアイキャッチ

薩摩半島南部に位置する南九州市は、2007年に頴娃町(えいちょう)、知覧町(ちらんちょう)、川辺町(かわなべちょう)の3町が合併して発足した新しい街で、面積・生産量ともに全国一の茶の栽培をはじめ、農業や畜産業、伝統地場産・・・

指宿市の観光スポット!温泉観光都市

四国九州のアイキャッチ

2006年に山川町、開聞町と合併し、新たな市制をスタートさせた指宿(いぶすき)市は、薩摩半島の最南端に位置し、温暖な気候と温泉熱を利用した、園芸や畜産、ウナギの養殖、かつお節の製造などが盛んに行われています。 サイト内の・・・

霧島市の観光スポット!鹿児島の空の玄関口

四国九州のアイキャッチ

鹿児島県本土のほぼ中央部に位置する霧島(きりしま)市は。2005年に国分市、溝辺町、横川町、牧園町、霧島町、隼人町、福山町の1市6町が合併し、県内第2位の人口を誇る自治体として新たにスタートしました。 サイト内の関連記事・・・

鹿児島市の観光スポット!南九州の拠点都市

四国九州のアイキャッチ

鹿児島県本土の中央部にある鹿児島市は、島津家6代当主・氏久が居城した14世紀中頃から町づくりが始まり、江戸時代には、天下第二の雄藩・薩摩藩の城下町として栄え、幕末期には日本の近代化に大きな影響を与えました。 サイト内の関・・・

九州鹿児島県の地名と読みかた

四国九州のアイキャッチ

鹿児島県には、有名な屋久島・種子島宇宙センター・霧島山があり、日本で一番台風の影響を受けている件です。 7つの地域に19の市、20の町、4つの村の43市町村でわかれています。 サイト内の関連記事 屋久島町の観光スポット!・・・

臼杵市の観光スポット!稲葉氏5万石の城下町

四国九州のアイキャッチ

豊予海峡を望む大分県の東南部に位置する臼杵(うすき)市は、2005年に野津町と合併し新たな市制をスタートさせました。 北に隣接する大分市と文化・政治面で結びつきが強く、経済的にも大分都市圏に属しています。 サイト内の関連・・・

杵築市の観光スポット!国東半島南部の玄関口

四国九州のアイキャッチ

大分県北東部に位置する杵築(きつき)市は、2005年に山香町、大田村と合併し新たな市制を発足させました。 隣接する日出町、別府市と結びつきが強く、2市1町を合わせ「別杵速見(べっきはやみ)地域」と呼ばれています。 関連記・・・

豊後高田市の観光スポット!昭和レトロと千年ロマン

四国九州のアイキャッチ

大分県の北東部に位置する豊後高田(ぶんごたかだ)市は、2005年に隣接する真玉町、香々地町と合併し新たな市制をスタートさせました。 東は国東市、西は宇佐市、南は杵築市と接し、北は瀬戸内海(周防灘)に面しています。 サイト・・・

宇佐市の観光スポット!文化財と自然の宝庫

四国九州のアイキャッチ

大分県の北部、国東半島の付け根に位置する宇佐(うさ)市は、2005年に院内町、安心院町と合併し、新たな市制をスタートさせました。合併以前から1市2町の関係性は強かったため、俗に“宇佐両院”とも呼ばれています。 サイト内の・・・

このページの先頭へ