九州三大麺どころ

サイト内検索

大陸と近い位置にある九州は、古来よりその文化を受け入れ、伝統や風習に取り込んできましたが、うどん、そば、素麺(そうめん)といった麺文化もその1つで、東シナ灘に浮かぶ対馬や五島列島では、大陸から伝来した当時の素材や、昔ながらの製法にこだわった麺料理が、観光客の舌を楽しませてくれます。

そのなかでも、素麺の三大産地とされているのが、長崎県の『島原』、佐賀県の『神埼』、福岡県の『浮羽』の3ヶ所で、一般的に“九州三大麺どころ”と呼称されています。

島原

穏やかな風土が育んだ豊かな小麦と、名水と誉れ高い湧水を有する島原は、16世紀ごろより素麺の生産が行われてきました。

島原の素麺は、延ばしと寝かしを繰り返して、麺を極細に引き延ばしていき、じっくりと熟成させることで、強いコシと滑らかな口あたりを実現させています。

近年では、ひねもの(1年以上寝かせた素麺)にしなくても、強いコシと小麦の香りが楽しめる、新しい熟成法が開発され注目を浴びています。

神埼

400年近い歴史を有する「そうめんの郷」として知られているほか、1883年(明治16年)に製麺機が発明された機械製麺発祥の地でもある神埼は、機械麺においては国内でも指折りの生産量を誇っています。

神埼の素麺は、独特のコシの強さがあり、温めて食べる「にゅうめん」が有名です。

素麺のほかにも、うどんやそば、ひやむぎ、中華麺など様々な麺が作られていて、近年では、赤米麺や赤米ラーメン、赤米パスタなど新しい麺も開発されています。

浮羽

浮羽の素麺は、江戸時代の治水工事により灌漑用水に恵まれ、米の裏作として麦の生産量が増えたことで、保存がきく乾麺を作ったことが始まりとされています。

寒暖の差が大きい気候は、麺の乾燥に適しており、また、豊富な地下水にも恵まれ、素麺のほか、うどんやそば、ひやむぎの生産が盛んとなりました。

現在では、製麺に携わる企業が市内に8社ほどあり、パスタやラーメンなど様々な麺類も生産されています。

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

このページの先頭へ