南九州市の観光スポット!薩摩の小京都

サイト内検索

薩摩半島南部に位置する南九州市は、2007年に頴娃町(えいちょう)、知覧町(ちらんちょう)、川辺町(かわなべちょう)の3町が合併して発足した新しい街で、面積・生産量ともに全国一の茶の栽培をはじめ、農業や畜産業、伝統地場産業が盛んに行われています。

薩摩のお茶処・南九州市の概要

北部から南東部にかけては緑豊かな山々が連なり、万之瀬川や麓川、永里川、永沢川など、大小いくつもの河川が市内を南流し、広大な東シナ海へと注ぐ自然溢れる地域で、温暖で安定した降水量にも恵まれています。

江戸時代の武家屋敷が多く残る旧知覧町は、「薩摩の小京都」と呼ばれているほか、太平洋戦争末期には、本土最南端の特別攻撃隊の出撃地であったことでも知られており、市内観光において中心的な役割を担っています。

頴娃方面へは、海岸線を走るJR指宿枕崎線でアクセス可能ですが、知覧・川辺方面は鉄道路線が走っていないため、鹿児島市の鹿児島中央駅から運行されているバスやレンタカーなど、車でのアクセスが中心となります。

南九州市のおすすめ観光スポット

旧頴娃町

伊能忠敬が“天下の絶景なり”と讃美した景勝地「番所鼻公園」や、秀峰・開聞岳をはじめ離島の島影も臨むことができる「瀬平公園」、標高577m周囲15K㎡の園内にツツジが咲き誇る「千貫平自然公園」、パワースポットとして人気を集めている「釜蓋神社」、地元特産品を購入できるほか食事も楽しめる「お茶街道ゆとり館」などが人気です。

旧知覧町

南薩摩の歴史と民族を多角的に学べる「ミュージアム知覧」、江戸中期に造られた7つの庭園が国の名勝に指定されている「武家屋敷庭園群」、生麦事件を中心に幕末史を紹介するほか両国の茶も堪能できる「薩摩英国館」、太平洋戦争末期に編成された特攻部隊に関する資料を展示する「知覧特攻平和会館」などが定番の観光地となっています。

旧川辺町

川辺仏壇の技術を用いて作られた銀閣寺を思わせるカフェをはじめ、流水プールやウォータースライダー、キャンプ場などを備えた「岩屋公園」を中心に、平安~明治までに刻まれた約200体の供養塔や仏像が残る「清水磨崖仏群」や「薩摩塔」、「清水神社」、「宝光院跡」、「川辺氏屋敷跡」、「清水の湧水」などのスポットが点在しています。

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

このページの先頭へ