長崎三大カステラ

サイト内検索

16世紀の室町時代末期にポルトガルの宣教師により伝えられ、その後、日本独自の菓子として発展したカステラは、長崎を代表する銘菓として広く知られています。

長崎市内には、チーズや抹茶、ザボンなどのカステラが好評の「清風堂」や、チョコレートでコーティングしたカステラが人気の「和泉屋」、行列・売り切れ必至の人気店として有名な「岩永梅寿軒」、皇室や宮家に届ける献上品も制作している「匠寛堂」など。

数々の名店が存在しますが、そのなかでも“長崎三大カステラ”と称されているのが『福砂屋』、『松翁軒』、『文明堂総本店』です。

福砂屋(ふくさや)

長崎カステラの元祖ともいわれている、寛永元年(1624年)創業の老舗店『福砂屋』のカステラは、創業から続く手作業による製造にこだわって添加物も使用せずに生成しており、角の取れた粗目(ザラメ)糖が底に付着していて、食べるときに独特の食感を生み出しています。

福岡や東京の直営店をはじめ、全国の百貨店でも商品を扱っていますが、長崎へ観光に訪れた際は、ぜひ趣のある長崎本店にも足を運んでみてください。

松翁軒(しょうおうけん)

長崎市民に古くから親しまれている『松翁軒』は、江戸中期の天和元年(1681年)より、砂糖漬けやカステラを作り始め、江戸後期の文久年間(1861年)に、国学者・中島広足により現在の屋号が命名されました。

創業当時より伝承されるカステラをはじめ、抹茶やチョコ、チーズのカステラも人気があり、レンガ造りの本店2階は、こだわりのカステラや和菓子をコーヒーと共にいただける、落ち着いた雰囲気のモダンな喫茶店となっています。

文明堂総本店(ぶんめいどうそうほんてん)

「カステラ1番、デンワは2番」のCMソングでおなじみの『文明堂総本店』は、1900年(明治33年)の創業より、斬新な販売や広告、製造革新を次々と打ち出し、全国的に知られるまでに成長を遂げました。

現在、文明堂総本店から暖簾分けした会社が全国に7つありますが、それぞれが独立・別法人化しているため、地域ごとにカステラの味が違っていたり、特有の商品を販売するなど、独自の路線を展開しています。

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

このページの先頭へ