「香川県」の記事一覧

観音寺市の観光スポット!空海の聖観世音菩薩が由来

坂本龍馬像

2005年に観音寺市、大野原町、豊浜町の対等合併により、新たな市制をスタートさせた観音寺(かんおんじ)市は、弘法大師・空海が神宮寺に聖観世音菩薩を安置したことから、観音寺と呼ばれるようになったと伝承されています。 サイト・・・

坂出市の観光スポット!瀬戸大橋の玄関口

坂本龍馬像

香川県の北部中央に位置する坂出(さかいで)市は、丸亀平野の北東部と塩飽(しわく)諸島の与島や、櫃石(ひついし)島などを市域としており、岡山県倉敷市と瀬戸大橋で結ばれていることから、四国の玄関口として機能しています。 サイ・・・

丸亀市の観光スポット!香川第2の拠点都市

坂本龍馬像

香川県の中西部に位置し、本島や広島、手島などの塩飽諸島も市域とする丸亀市(まるがめし)は、2005年に綾歌町、飯山町と対等合併し、新たな市制をスタートさせた県下第2の都市で、中・西讃地方における中心都市として機能していま・・・

小豆島の観光スポット!瀬戸内を代表する島の1つ

坂本龍馬像

小豆島町(しょうどしまちょう)と土庄町(とのしょうちょう)の2町からなる小豆島は、香川県北東部、備讃諸島東端にあり、本土と北方領土を除く国内の島の中では19位、瀬戸内海では淡路島に次いで2位の広さを誇ります。 サイト内の・・・

さぬき市の観光スポット!四国巡礼結願(けちがん)の地

坂本龍馬像

2002年に津田、大川、志度,寒川、長尾の5町が合併して、香川県内6番目の市として発足したさぬき市は、県東部に広がる大川平野の中央部を占めるほか、瀬戸内海に浮かぶ鷹島、名古島、猿子島を市域としています。 サイト内の関連記・・・

高松市の観光スポット!瀬戸内に面する四国の玄関

坂本龍馬像

四国の北東部、香川県中央部にある高松市は、親藩として重要な地位を築いた江戸時代に、城下町の整備と産業開発が進み、現在も、高松都市圏及び東瀬戸圏の拠点として、四国の政経、文化面で中心的な役割を担っています。 サイト内の関連・・・

香川県の地名と読みかた

坂本龍馬像

讃岐国(さぬきのくに)と呼ばれた香川県は、都道府県のなかで一番面積の小さい県で、讃岐うどんが有名です。 香川県の8市9町を3つの地区に分けて、地名と読み方を記載しています。 サイト内の関連記事 観音寺市の観光スポット!空・・・

このページの先頭へ