土佐三大たたき-高知県

サイト内検索

マグロのはえ縄漁やカツオの一本釣をはじめ、マダイ、ブリ類などの養殖も盛んな高知県では、新鮮な海の幸を堪能することができ、市場では、アジやサバ、イワシ、イカ、メジカ、シイラ、ハマチなど、産地直送の様々な魚介類を買い求めることができます。

高知県の郷土料理としては、別名「土佐造り」とも言われる『カツオのたたき』が有名ですが、そのほか『清水サバのたたき』、『ウツボのたたき』も人気があり、地元の人はこれら3つを総称して“土佐三大たたき”と呼んでいます。

カツオのたたき

漁師のまかない料理から発達した説や、鰹節の残り串に刺して焼いたとする説、皮下の寄生虫を殺すためとする説、食中毒を防止するため藩主・山内一豊が刺身を禁じたので、表面のみを焼いて焼き魚と称して食べられたとする説、あるいは、明治時代にやってきた西洋人が、ビフテキの代用にカツオを半焼きにした等、発祥やその時期については判然としていませんが、『カツオのたたき』は、今では高知県を代表する郷土料理として全国に知られています。

清水サバのたたき

清水サバとは、土佐清水市で水揚げされるゴマサバのことで、主に刺身やたたきで食べられています。

足が早いため生食を避けられがちなサバですが、一本釣りで釣り上げた活魚を水揚げすることで、抜群の鮮度状態を維持しているそうです。

漁場は足摺岬周辺に広がる水深200mくらいの大陸棚で、立縄漁という独特の漁法で一匹ずつ釣り上げ、生け簀に入れて港まで持ち帰ります。

年間を通して食べられますが、脂がのる秋から冬にかけてが旬です。

ウツボのたたき

大きい口や鋭い歯を持っていることから「海のギャング」と呼ばれているウツボは、千葉県外房や伊豆半島、紀伊半島でも、干物や蒲焼き、唐揚げ、煮付けなどの調理法で食されています。

高知県では、極上珍味や高級魚として知られていて、厚い皮下のゼラチン質はぷるんとして弾力があり、旨みと脂が加わった白身は上品な味わいがあります。

観光で高知県に訪れた際は、土佐でしか食べられない『ウツボのたたき』をぜひご賞味ください。

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

このページの先頭へ