九州三大ちゃんぽん

サイト内検索

肉や魚介類、野菜などをラードで炒め、そこへ鶏・豚骨スープを注ぎ、太くコシのある特製麺と一緒に煮込む「ちゃんぽん」は、明治の中頃に長崎市で誕生しました。

現在では、福岡の「戸畑ちゃんぽん」や「久留米ちゃんぽん」、佐賀の「武雄ちゃんぽん」、大分の「日田ちゃんぽん」をはじめ、北海道の「網走ちゃんぽん」、栃木の「高根沢ちゃんぽん」、滋賀の「近江ちゃんぽん」、兵庫の「尼崎ちゃんぽん」、愛媛の「八幡浜ちゃんぽん」など、全国各地にご当地ちゃんぽんが存在します。

そのなかでも、“九州三大ちゃんぽん”と称されているのが『長崎ちゃんぽん』、『小浜(おばま)ちゃんぽん』、『天草ちゃんぽん』です。

長崎ちゃんぽん

郷土料理として地元の人はもちろん、観光客にも人気の『長崎ちゃんぽん』は、今も現存する中華料理店「四海樓」の初代店主が、日本に訪れていた中国人留学生に、安くて栄養価の高い食事を食べさせる為に考案したとされています。

店舗によって異なりますが豚肉やイカ、エビ、アサリ、カキ、竹輪、カマボコ、ニンジン、キャベツ、もやし、キクラゲなど、具材が豊富であることが長崎ちゃんぽんの特徴です。

小浜ちゃんぽん

長崎県雲仙市の『小浜ちゃんぽん』は、長崎市のちゃんぽんが大正時代に伝わり、独自の進化を遂げたもので、はっきりとした定義はありませんが、地元で獲れた海産物や野菜が多く使われ、トッピングに生卵をのせるのが特徴となっています。

雲仙岳の麓にある歴史深い温泉地・小浜町には、ちゃんぽんを提供する店が数多く点在しており、寿司屋や居酒屋などでもちゃんぽんを食べることができます。

天草ちゃんぽん

長崎で流行したちゃんぽんは、古くから船による交流が盛んだった熊本県の天草諸島へ伝わり、現在では島民食と呼べるほどに普及しています。

『天草ちゃんぽん』は、鶏ガラや豚骨に魚介のダシを合わせた、さっぱりとしたスープに特徴があり、島内のあらゆる飲食店で提供されていますが、特に国道266号・324号・389号に集中していることから、これら国道3路線は「天草ちゃんぽん街道」と呼ばれています。

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

このページの先頭へ